テーマ:おすすめ

2010年「マンガベスト10」

またやってきましたよー、大晦日(そりゃあやってくるわ。笑)。 今冬の市内は雪があまり降らなくてなんだか年末な感じがしませんが…。 ま、それはそれとして(笑)。 今年もマイ“マンガベスト10”を選んじゃいますよっ! 2009年の記事はこちら 2008年の記事はこちら 2007年の記事はこちら 2006年の記事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(100)

いっちょイタズラいきますか! 大人気ブログ小説を原作とした、市原隼人主演の青春エンタテインメントムービー! イタズラを仕掛けることに生きがいを感じていたママチャリ率いる7人は、ある男の出現により、存在が脅かされることに。 その男こそ、国家権力の下で正義を守るべき公務員の駐在さんで、言語道断の問題大アリな日本一大人気ない男だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔法遣いに大切なこと(99)

人気コミックが待望の映画化! 優しくも美しい、感動の青春ファンタジー! (「キネマ旬報社」データベースより) 山田典枝の脚本を『櫻の園 -さくらのその-』の中原俊監督、TVドラマ『ラブレター』の山下リオ、『重力ピエロ』の岡田将生共演で描いたラブファンタジー。魔法使いになるという亡き父との約束を果たすため“魔法士”の訓練を始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武士の家計簿(98)

【『武士の家計簿』公式サイト】 今年観た映画・DVD、98本目。 フォーラム福島で観て来ましたよ~。 いやぁおもしろかったなー。 家計簿から、人生が見えてくる。 ソロバンはじくもまた武士道、か。 今までにない不思議なサムライ映画でしたね。 ステキな時間でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙(97)

観察映画第1弾 自民党に白羽の矢を立てられ、縁もゆかりもない川崎市議会議員の補欠選挙に出馬することになった男の選挙活動を追ったドキュメンタリー。 政治に関しては全くの素人である山内和彦を当選させるため、元首相・小泉純一郎を筆頭に多くの著名人が奮闘する。 (「キネマ旬報社」データベースより) 今年観た映画・DVD、97…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いけちゃんとぼく(95)

大人になったあなたに贈る、珠玉ラブストーリー 不思議な生物“いけちゃん”と“ぼく”の交流を描いた、人気漫画家・西原理恵子の絵本を実写映画化。 物心ついたときからずっとぼくのそばにいたいけちゃん。 しかし、ぼくが成長するにつれていけちゃんの姿はだんだん見えなくなっていく。 (「キネマ旬報社」データベースより) 今年観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウキョウソナタ(91)

いったい、ボクの家で何が起こっているのだろう? 鬼才・黒沢清監督が、香川照之や小泉今日子ほか共演で手掛けた家族ドラマ。 リストラされた父、ドーナツを作っても食べてもらえない母、米軍に入隊する兄、こっそりピアノを習う弟。 ちぐはぐな4人家族が、紆余曲折を経て一筋の光明を見出すまでを紡ぐ。 (「キネマ旬報社」データベースより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

となり町戦争(90)

となり町との戦争が勃発! 誰も体験したことのない新感覚サスペンス! シュールで不条理な設定で話題を呼んだ三崎亜記のベストセラー小説を映画化した新感覚サバイバルサスペンス。 突然となりの森見町との戦争が勃発した舞坂町。 偵察業務に就かされた“僕”は、森見町戦争推進室の“香西さん”と夫婦生活を始める。 (「キネマ旬報社」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイドカーに犬(89)

あの夏、私の隣にはヨーコさんがいた。 1980年代初頭の時代をバックに、小学4年の少女・薫が家を出て行った母親に代わって現われた父親の愛人との奇妙な共同生活の中で体験するひと夏の出来事を爽やかに描いた、芥川賞作家・長嶋有のデビュー作を映画化! 小4の夏休みの始まった日、父と喧嘩ばかりしていた母が家を出て行った。 数日後、薫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図鑑に載ってない虫(88)

生きて帰れるのかよ!? 美人編集長から“死にモドキ”を使い一回死んで、死後の世界をレポするように強引に依頼されたフリーライターの「俺」。 相棒のエンドー、偶然出会った元 SM嬢のサヨコらとともに謎めいた世界、奇怪な人々と遭遇しながら“死にモドキ”を探すが…。 鬼才・三木聡監督、伊勢谷友介×松尾スズキ×菊地凛子の豪華競演で贈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神(81)

こころの傷に特効薬、ありますか? 世界の映画祭で次々と受賞し、日本公開時には異例のロングランを記録した話題作。 『選挙』の想田和弘監督が手掛ける「観察映画」シリーズ第2弾となるドキュメンタリー。 外来精神科診療所「こらーる岡山」に通う患者たちにカメラを向け、ナレーションとモザイクを廃した独自の手法によって彼らのありのままを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おとうと(79)

お姉ちゃん、おおきにー 名匠・山田洋次監督が吉永小百合と笑福亭鶴瓶主演で描いた感動の家族ドラマ。 東京で薬局を営む吟子は、女手ひとつで育ててきた娘・小春の結婚式を控え幸せな日々を送っていたが、音信不通だった弟・鉄郎が突然帰郷したことから騒動が巻き起こる。 (「キネマ旬報社」データベースより) 今年観た映画・DVD、7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈緒子(77)

伝説のコミック「奈緒子」の映画化 一本のタスキが心を繋ぐ感動の青春ムービーが誕生!! 1994年から約8年に渡って連載された駅伝コミックス「奈緒子」が待望の映画化。 幼い頃の事故により傷を負った二人の男女の心が、駅伝を通じて変わっていく様を描く感動の青春映画。 出演は上野樹里、三浦春馬、笑福亭鶴瓶ほか。 (「Orico…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コドモのコドモ(73)

ただひたむきに、力いっぱい守る。ほんとうに大切なものだから。 小さなコドモたちの大きな奇跡の物語 『神童』の萩生田宏治監督が、小学生の妊娠と出産をテーマにしたさそうあきらの同名コミックを映画化。 小学5年生の春菜は、幼馴染みのヒロユキと興味本位で“くっつけっこ”という遊びを始めるが…。 麻生久美子、上野樹里、谷村美月らが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベイビィ ベイビィ ベイビィ!(72)

日本映画初!? “マタニティ”エンタテインメント・ムービーが待望のDVD化! 人気ドラマ「ナースのお仕事」のスタッフ&キャストが再結集して贈るマタニティ・コメディ! 大手出版社に勤務する佐々木陽子。 仕事に生きがいを感じている彼女は、自分が子供を持つ事など想像もしていなかった。 ところが編集長の昇進が決まった矢先、突然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌われ松子の一生(71)

超豪華キャストで贈る不幸だらけのまったく新しいシンデレラストーリー! お姫様みたいに煌びやかで華やかな人生に憧れた一人の少女。 しかし現実は、教師からソープ嬢、遂には殺人までも犯してしまった松子の壮絶な人生を描いた山田宗樹原作の同名小説を中島哲也監督が映像化した作品。 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介ほか豪華出演陣で贈る壮絶シン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲームセンターCX 11.0(69)

今年観た映画・DVD、69本目。 「ロックマン」1はやったことないけど、このシリーズは名作ですわなー。 「ワギャンランド」も懐かしい! よく友達の家でやってたなぁ。 改めて考えてみても“声で敵を止める”ってのはスゴイ設定だな(笑)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アヒルと鴨のコインロッカー(68)

青春ミステリーの傑作 人気作家・伊坂幸太郎の同名小説を映画化したミステリアスな青春ドラマ。 仙台に引っ越して来た椎名は、出会ったばかりの隣人・河崎から奇妙な計画を持ち掛けられ…。 濱田岳をはじめ、瑛太、関めぐみら若手人気俳優が共演。 (「キネマ旬報社」データベースより) 今年観た映画・DVD、68本目。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

容疑者Xの献身(66)

天才物理学者 VS 天才数学者。 東野圭吾の直木賞受賞作を、福山雅治と柴咲コウ共演で映画化。 貝塚北警察署の刑事・内海から殺人事件の相談を受けた湯川学は、かつての親友である天才数学者・石神哲哉が事件に深く関わっているのではと疑念を抱き…。 共演は堤真一と松雪泰子。通常版。 (「キネマ旬報社」データベースより) 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人志松本のすべらない話 其之四(64)

過去最多のすべらない話を収録! さらに必見の特典映像!! 知られざる“番組誕生の地”を初公開! 衝撃の未公開トークも収録 フジテレビ系にて放送の、深夜の人気番組「人志松本のすべらない話」のDVDシリーズ第4弾! 松本人志をはじめとする精鋭たちが、誰が聞いても、何度聞いても面白い実話を披露するシンプルな番組。 「人志松…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

たとえ世界が終わっても(63)

思い出は生き続ける。いつか、また逢える日まで…。 “TEAM NACS”の安田顕×大型新人・芦名星で贈る、人生の出会いと別れの不思議を優しく教えてくれる感動の純愛ファンタジー! 余命数年と宣告され人生に絶望感を抱いた真奈美は、前世で世話になった人間しか入居させないと言う奇妙なアパートの管理人・妙田とインターネットの自殺サイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キトキト!(62)

「キトキト」とは、富山弁で"生きがいい”! 井筒和幸監督の一番弟子“吉田康弘監督”デビュー作! 監督自身の経験を反映させた母と子の物語をユーモアに描ききった最高の家族ムービー! 石田卓也、平山あや、大竹しのぶほか出演。 (「Oricon」データベースより) 今年観た映画・DVD、62本目。 もうね、家族モノは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放送禁止 劇場版 ~ニッポンの大家族 Saiko! The Large family(61)

よく画面に目を凝らしてご覧いただきたい。 あなたには、隠された真実が見えるだろうか。 日本人だからこそ気づかない、日本の家族問題に迫る。 実際にあった事件を織り込んだ衝撃的な内容や、ドキュメンタリーと錯覚させる仕掛けが話題となったフェイク・ドキュメンタリーシリーズ「放送禁止」の劇場版第2弾。 世界各国の家族問題をテー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダーリンは外国人(60)

ド肝抜かれるほど、幸せな日々。 小栗左多里のコミックエッセイを井上真央主演で映画化。 漫画家を夢見るイラストレーター・さおりが付き合っているのは、“漢字”の美しさに一目惚れして来日したアメリカ人・トニー。 “外国人なダーリン”トニーの言動は、さおりにとって謎だらけで…。 (「キネマ旬報社」データベースより) 今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボーイズ・オン・ザ・ラン(59)

走れ、泣け、恋をしろ。 ポツドールの主宰を務める演劇界の鬼才・三浦大輔が花沢健吾の人気コミックを映画化。 弱小おもちゃメーカーに勤めるサラリーマンの田西敏行。 ある日、彼女いない歴29年の彼に同僚・ちはるとの恋のチャンスが訪れ…。 主演は銀杏BOYZの峯田和伸。 (「キネマ旬報社」データベースより) 今年観た映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書道ガールズ!!私たちの甲子園(58)

女子高生が書道で町おこし!? 日本中が涙した<実話>完全映画化 日本一の紙の生産高を誇る“紙の町”愛媛県四国中央市の書道部の高校生たちが、大好きな町の活気を取り戻そうと立ち上がり、「書道パフォーマンス甲子園」を開催し、町おこしのために頑張るひたむきな姿を描いた青春感動ストーリー。 書道に青春を懸ける少女たちの実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コインランドリーの女

笑いあり感動あり、乾燥機不条理系ストーリー 大学進学で一人暮らしを始めた田中晴は、仕方なく行ってみたコインランドリーで店内に居座る真魚子さんに絡まれる事に…。 個性的なキャラクターが織りなす、日常変態コメディ! (1巻表紙裏より) いやぁ実に良い変態作品でした(笑)。 結構好きな作品ですね~。 表紙だけ見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイレット(57)

今年観た映画・DVD、57本目。 フォーラム福島にて「トイレット」を観てきました。 【「トイレット」公式サイト】 いやーすごいステキだったー。 想像以上におもしろい作品でしたよ~。 もう後半はずーっとニヤニヤしっぱなしでした(笑)。 「荻上直子監督にやられた~」という感じですよ、もう(笑)。 空気感というか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼女のひとりぐらし 1巻

各方面で話題沸騰の“超おひとりさま”ストーリー!! 輿水理香、26歳独身。 ただいま仕事に恋に、奮闘中!…だったらいいなぁと思う、最下層のフリーランサー。 ひとりぐらし歴X年、彼氏いない歴X年…。 脳内彼氏を妄想したり、ゲームしたり、飲酒したりと、ひとりで悶々とした日々を満喫中!? (1巻表紙裏より) だいぶ前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲームセンターCX 4.0~6.0(48~50)

今年見た映画・DVD、48~50本目。 やっぱ有野課長最高だなー。 【4.0】 「マイティボンジャック」やってみたいなぁ(笑)。 そして谷川文房具店のお母さんがかなり良い味! こういうお店懐かしいなぁ。 自分が子どもの頃は実家の近所にも自分でゲームの電源入れるお店がありましたね(笑)。 【5.0】 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more