疾走(78)

どうして、にんげんは死ぬの?


直木賞作家・重松清が絶望の淵を駆け抜けた少年の心の痛みを描いた小説を映画化。
心優しい少年シュウジは、世の中を斜に見ることしかできない孤独な少女エリと出会い、恋心を抱くが彼女は東京へ引っ越してしまう。
やがて、兄が起こした放火事件から一家離散に。
一人になったシュウジは東京へ向かうのだが、途中で殺人未遂事件を起こしてしまう…。
手越祐也韓英恵中谷美紀ほか出演。
(「Oricon」データベースより)

今年観た映画・DVD、78本目。

『生きる』こと、『走る』こと、『繋がる』こと、そして『死なない』こと。

考えさせられる作品でした。

脇を固めるキャスト陣にビックリですね。
中谷美紀、豊川悦司大杉漣寺島進加瀬亮などなど。
うーむなんという豪華キャスト(汗)。

奈緒子(77)

伝説のコミック「奈緒子」の映画化
一本のタスキが心を繋ぐ感動の青春ムービーが誕生!!



1994年から約8年に渡って連載された駅伝コミックス「奈緒子」が待望の映画化。
幼い頃の事故により傷を負った二人の男女の心が、駅伝を通じて変わっていく様を描く感動の青春映画。
出演は上野樹里三浦春馬笑福亭鶴瓶ほか。
(「Oricon」データベースより)

今年観た映画・DVD、77本目。

そりゃあ泣いちゃいますよ(涙)。

陸上に携わっていた人間なら感涙必至かと(そうでもないか?)。
むしろずっと短距離だった自分ですら泣けますからね(笑)。

カメラワークが走者目線で何度か挿入されるのですが、それがとてもよかったなぁ。

てか原作は39巻まであるんかー!?(驚)
原作読んでみようと思ったけど…これはハードル高いな(汗)。

代わりに「なぎさMe公認」をまた読み返そうかなー。

ホクロ兄弟 フルスロットル!!!(76)

“ホクロ兄弟”がCGアニメで再び登場!


石井克人監督の『ナイスの森 The First Contact』から、人気キャラクター・ホクロ兄弟をスピンオフさせたCGアニメ。
シュールかつハイテンションなネタで笑いを誘う宇宙漫才コンビ・ホクロ兄弟の漫才、舞台裏の様子などを描く。
全7話を収録。
(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

今年観た映画・DVD、76本目。

なんというくだらなさ(良い意味で)。

やっぱ石井監督のセンス好きだなー。
クスッと笑ってしまいますね。
特にタイヤ先生が好きでした(笑)。

「茶の味」と「HAL&BONS」また観たくなったわぁ。

ショコラの見た世界(75)

心優しくも美しい感動のファンタジー・ムービー


『クローズド・ノート』の行定勲監督が、竹内結子を主演に迎えて贈るファンタジードラマ。
姉・ショコラの不思議な体験談を聞くのが大好きなテンコ
しかし、ある日ショコラはこの世を去ってしまう。
7年後、テンコはショコラのかつての恋人と再会し…。
(「キネマ旬報社」データベースより)

今年観た映画・DVD、75本目。

上映当時、テレビCMを見て気になってた作品ですね。

しっかし竹内結子さんマジでキレイだなー。
神秘的な世界観も相まって、とてもステキでした。

50分と短めの作品なので、ちょっとした時間があるときに観ると癒される…かも?

自虐の詩(74)

世代を超えた号泣ベストセラー漫画を完全映画化!


「トリック」シリーズの堤幸彦監督が、業田良家の同名4コマ漫画を映画化したコメディ。
大阪の下町を舞台に、元ヤクザの暴力男・イサオと、彼に健気に尽くす内縁の妻・幸江の風変わりな愛を描く。
『嫌われ松子の一生』の中谷美紀阿部寛が共演。
(「キネマ旬報社」データベースより)

今年観た映画・DVD、74本目。

思ってたイメージとだいぶ違ってたなー。
観てみないとわからんもんだね。

そして中谷美紀は薄幸な役がやたらと似合いますな(苦笑)。
この作品でもステキな雰囲気でした。

“幸せ”も“不幸せ”も、人生どっちもある。
どっちもあるなら、どっちでも良いんじゃないかねぇ。

そんな風に思えました。

コドモのコドモ(73)

ただひたむきに、力いっぱい守る。ほんとうに大切なものだから。
小さなコドモたちの大きな奇跡の物語



『神童』の萩生田宏治監督が、小学生の妊娠と出産をテーマにしたさそうあきらの同名コミックを映画化。
小学5年生の春菜は、幼馴染みのヒロユキと興味本位で“くっつけっこ”という遊びを始めるが…。
麻生久美子上野樹里谷村美月らが共演。
(「キネマ旬報社」データベースより)

今年観た映画・DVD、73本目。

“子を産む”ということ、こどもの社会と大人の社会の違い。

深い作品ですね。

性教育うんぬんかんぬんって内容ではないので、物語がスッと入ってくる感じでした。

結果的に『出産』についての作品を2連続(「ベイビィ ベイビィ ベイビィ!」)で観ちゃいましたねぇ。
どちらも良い勉強になりました。

ベイビィ ベイビィ ベイビィ!(72)

日本映画初!?
“マタニティ”エンタテインメント・ムービーが待望のDVD化!



人気ドラマ「ナースのお仕事」のスタッフ&キャストが再結集して贈るマタニティ・コメディ!
大手出版社に勤務する佐々木陽子
仕事に生きがいを感じている彼女は、自分が子供を持つ事など想像もしていなかった。
ところが編集長の昇進が決まった矢先、突然の妊娠発覚。
キャリアか子供を取るか、究極の選択を突き付けられる。
おそるおそる訪れた産婦人科で、陽子は様々な事情を抱えた妊婦と出会い、思いを少しずつ変化させていく…。
(「Oricon」データベースより)

今年観た映画・DVD、72本目。

出産について、男と女について、親と子について。
実に考えさせられる映画でした。

なかなかおもしろかったですね。