2006年マンガオブザイヤー

先日「映画オブザイヤー」ということで、2006年に観た映画の中から4作品選びました。
それに乗っかって「2006年マンガオブザイヤー」を選びたいと思います。
とはいえ膨大な数のマンガ達…
キリの良いところで10作品にします。

対象作品:発行年に関わらず、2006年に自分が読んだ作品

<総合部門>…総合的に物語が素晴らしいと感じた作品
①のだめカンタービレ


②XXXHOLiC


③スクナヒコナ


①これは間違いなく今年一番でしたね~ドラマもはまりました。
②本気でおもしろいです。アニメ版も素晴らしい。
③最終巻での結末には涙しました。3巻まででも十分完結と思える作品。

<スポーツ部門>…スポーツマンガの中で物語が素晴らしいと感じた作品
①SLAM DUNK


②エースをねらえ!


③クロスゲーム


①バスケをしている人なら知らない人はいないんじゃないかと思うくらい有名な作品。最近読み直したのですが、めちゃくちゃ熱いです
②短期間に2度読み返しました。登場人物達の想いに心打たれます。
③野球マンガといえばこの作者(あるいは水島先生)。久々に熱いストーリーです。

<歴史部門>…歴史的なマンガの中で物語が素晴らしいと感じた作品
①夕凪の街 桜の国


②はいからさんが通る


③SIDOOH-士道


①戦争そして核兵器について考えさせられる作品。涙涙でした。
②大和和紀の代表作。蘭丸が良い味出してます(そこか!)。ヨコハマ物語も必読。
③侍物で久々におもしろいと感じた作品(るろ剣以来?)。内面をえぐるような画風は圧巻。

<特別賞>
金魚屋古書店


特別賞というか”特別な”作品。次にどんなマンガが紹介されるか毎回楽しみにしてます。

こんな感じですかね、10作品。
かなり個人的です。
個人的ついでに、2006年にはまった作家さんも挙げてみます。

<作家部門>
①CLAMP ・・・今年一番はまりました。ほぼ全作品大人買い(笑)。
②南Q太 ・・・短編が多い作者ですが、長編物が最高におもしろいです。
③矢沢あい ・・・言わずと知れた「NANA」人気。個人的には「ご近所物語」→「Paradise kiss」の流れが好きですね。

今年はいろいろな作品を読むことができました。
来年も良いマンガにめぐり逢えますように…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

モモ
2006年12月30日 22:49
コメントありがとうございました。
ついに今年も明日限りになりましたね。
1年なんてあっという間だとつくづく
この歳になるとよけいに感じるように
なりました。
人の運命・・いつどうなるかわからないので
悔いなく思うように生きてゆきたいですね。

http://blog.livedoor.jp/net_i5750/

この記事へのトラックバック

  • 2007年「マンガベスト10」

    Excerpt: はてさて本日で今年最後の日です。 毎年恒例大晦日です。 早いものですなぁ、1年というのは…。 Weblog: 悠々雑記 racked: 2007-12-31 02:27
  • 2008年「マンガベスト10」

    Excerpt: 早いものでもう大晦日。 Weblog: 悠々雑記 racked: 2008-12-31 16:59
  • 2009年「マンガベスト10」

    Excerpt: さぁさぁ、やってきました大晦日。 Weblog: 悠々雑記 racked: 2009-12-31 01:35
  • 2010年「マンガベスト10」

    Excerpt: またやってきましたよー、大晦日(そりゃあやってくるわ。笑)。 Weblog: 悠々雑記 racked: 2010-12-31 17:24